The Beginning Of The Star(15)

 

<◇君の巻>④

 

僕はいつも元気元気!

でも、夜になると元気じゃない。

だって、真っ暗が苦手なんだ。

そういう時のための便利な生き物っていたらいいのにな~

都合が一番の◇君は、いつも計算が一番大切。

「ねえ、キミは都合がいいんだ。だからお友達になろうね!」

“You are such a convenient friend!”

(From “The Beginning Of The Star”)

「友達を都合で決めるの?」

“You choose a friend because of your convenience?”

7色の妖精に、◇君は元気にうなずきました。

 

The works of Ray Kamijo

 

Comments are closed.