すずめのチュンちゃん/奏でるように

 

 

春になるとすずめの鳴き声が

せわしなく空に広がっていく。

今年もそんな春が待ち遠しい。

すずめのように

心を自由にはばたかせて

文字を奏でる。

どんなに時間に追われても

時を享受する。

この一瞬は今日のひと時。

すずめの一瞬の鳴き声を求めて

文字を奏でる旅も続いていく。

 

 

Comments are closed.