すずめに教わること

 

142

 

春の季節になるとすずめたちの

せわしない鳴き声がこだまする。

時おり、しっぽを立てて

互いに強さを誇示し合う。

すずめのように

自由に行動することは

できないけれど

心だけは自由に大空を飛びまわる。

人も生き物も

仲間がいるから

明日に向かって生きていける。

 

Comments are closed.