心に問いかける

 

はるか前方に明かりがさしているのに

足が動かず這い上がれない。

どうすることもできず

助けを求めるが

誰に声をかければいいか

わからない。

やがて、今いる場所を見渡し

どこに進みたいたいのか

自問自答する。

人に救いを求めても

一時の慰めにしかならない。

今いる場所を心にとどめ

なぜそこにいるのか

自分の言動を問いただせば

心の軽さも手伝って

明かりのさす方へ

きっと進んでいけるに違いない。

 

 

Comments are closed.