引き寄せの法則/心に刻む光

 

 

 

一瞬のきらめきで

心に差し込む光がある。

書物はそうした光をいくつも与えてくれる。

 

「もし人生を根本的に変える鍛錬をするつもりなら、

十分に熟慮した上で、慎重にとりかからなければなりません。

そして、何ものにも自分の決定を妨げさせてはなりません。」

≪引用文≫

ザ・マスター・キー(P225

チャールズ・F・ハアネル

 

自分と同じく他者にとっても

価値ある変化であれば

心身ともに動くベクトルは

プラスに傾いていくはずだ。

鍛錬の文字には

年月と覚悟の2つが連動している。

 その2つを喜びとして味わい

一日一日のわずかな歩みを

糧に思えたら

どんなことでも

心に光が差しこんでいくに違いない。

生きるとはそうした積み重ねだと

著者は伝えているように思える。

 

 

Comments are closed.