未来の展望/全体と一部

032

 

丘の上から京都の街を一望する。

セミの鳴き声を聞きながら

夏の終わりをしのぐ。

 

全体を見渡しながら

小さな存在一つ一つに

目を凝らす。

 

全体と一部を心に留めて

一歩ずつ前進すると

自分が今どこにいるのか

少しだけ気づくことがある。

 

かぼそいセミの鳴き声を聞きながら

夏の終わりをかみしめる。

 

Comments are closed.