英語圏に通じる英語とは(5)/ぬかるみも道の一つ

 

雨上がりの道を一歩ずつ歩く。

道はぬかるんでいても、

その先にあるものはただ一つ。

そう信じて、足元をかみしめる。

 

言葉は奥深い。

英語と日本語で思いを紡いでいると、

どんなささやかな言葉でも

頭の中で2つの言語が行き来する。

 

日本語と同じくらい

英語で思いを語るには

心を真っ白にして

シンプルに糸を紡いでいくしかない。

 

ネイティブなら・・

もっとできる人なら・・

そんな煩悩をかき消しながら

自分らしい言葉を見つけ出す。

 

ぬかるんだ道はお日様と共に

ゆっくりと固まり

先へと続いていく。

いい日も、そうでない日も

すべてつながって先に続く。

今を感謝しながら

今日も2つの言霊を胸に秘めて

一日が始まる。

 

 

Comments are closed.