電子書籍への道(36)/HEART to HEART 【14】日本語版

 

HEART to HEART (14)は松の木の巻。

由緒なる松の木が一本そびえていました。

「僕は名のある松だぞ!」

そのとなりで柳の木が揺らめいていました。

「僕は揺らめくのが大好きな柳だよ!」

動かぬ松と揺らめく柳は正反対の性格を備えていたので、

お互い、なかなか分かり合えません。

ある日、松と柳に予期せぬことが起こります。

2つの木は仲良しになれるのか?

道徳、倫理、哲学、寓話などをテーマにした

ハートシリーズはこれからも続いていきます。

 

Comments are closed.