Archive for 3月 2015

すずめに教わること

 

142

 

春の季節になるとすずめたちの

せわしない鳴き声がこだまする。

時おり、しっぽを立てて

互いに強さを誇示し合う。

すずめのように

自由に行動することは

できないけれど

心だけは自由に大空を飛びまわる。

人も生き物も

仲間がいるから

明日に向かって生きていける。

 

こころざしと星空

 

こころざしを高く持てば

到達までの道のりは

はるかかなたに思える。

けれど、一歩ずつを楽しみながら

先に進めば道のりを忘れて

一歩に情熱を込めることができる。

たとえ、星空のようにつかめぬものでも。

 

 

すずめと春の到来

 

春になるとたくさんのすずめが

あちらこちらで声高々にさえずる。

尾を立て、群れの仲間を追いかけ、

枝から枝へとひっきりなしに飛び回る。

すずめの運動会は

桜の到来を思わせ心が躍る。

同じ光景が今年も始まる。

変わらない繰り返しの日々に

感謝の気持ちが湧き上がる。