洋書から学ぶ和文英訳

洋書から学ぶ和文英訳(1)/Ryokanの一節

 

テラスに座って花の香りを堪能していると、

豊かさは自然の中にあると感じることができる。

 

ある書物のお話を通して、

日本語と英語を同時に学ぶと

英会話や翻訳などに大いに役立つ。

印象的な文面をノートに書き留め、

言葉をかみ砕いていく。

すると、関係詞・分詞構文など

大切な文法事項も同時に学ぶことができる。

 

 

【僧:良寛のお話】*私流和訳です。

月の輝くある夜のこと。

良寛は森の端までぶらりと散歩に出かけ、

しばらくの間、木々の下に腰掛け夜空を眺めていた。

美しい月の輝きを眺めていると、時が経つのをすっかり忘れていた。

小屋に帰る途中、良寛は窓越しに光がもれているのに気づいた。

「変だな・・」

彼は静かに小屋に進んで、部屋を開けるやいなや、

泥棒が何かを盗んでいた!

 

(Sentences in a book about Ryokan)

One night when the moon was shining brightly,

Ryokan went for a walk to the edge of the woods,

where he spent some time sitting under the trees and gazing at the night sky.

While gazing at the beauty of the full moon, he hardly noticed the time pass.

On his way back to his hut, he noticed a light shining through one of the windows.

“How strange,” he thought. He quietly made his way to the hut and,

on opening the door, found a thief looking for something to steal!