「星のはじまり」/日本語

「星のはじまり」/2年目を迎えて

The-Beginning-Of-The-Star (2)

 

「星のはじまり」の電子書籍が発売されて、

まもなく2年になります。

数々の温かいメッセージを頂き、

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

2013年からアメリカ・ベルモント大学で

テキスト教材に指定され、

現在、英語版のリニューアルに向けて

内容の充実を図っています。

 

「星のはじまり」のように

人と人とがつながり合い

笑顔になれる作品を

つむいでいければと願っています。

英語圏に通じる作品を目指して、

これからも日本語と英語で

書き続けていきます。

 

「星のはじまり」/まえがき

020

 

「星のはじまり」神上玲

まえがき

 

物ごとが形になるまでには相当な時間がかかります。

でも、出来上がるまでの時間があるからこそ、

その過程は尊く、かけがえのないものです。

心を開くことは簡単ではないけれど、

自分が開けば周りも開こうとします。

この世に生まれてきた人すべてが、

誰かの役に立つために今ここにいます。

学校や集いの中で傷ついたり、

悲しい思いに苦しんでいても、

必ずトンネルの先に何かが待っています。

果てしなく長いトンネルに思えても、

道の先に答えはあります。

だって、キミは唯一無二の人なのですから。

 

 

「星のはじまり」/大学選定作品(USA)

「星のはじまり」初版・改訂版

 

2007年に発売された「星のはじまり」

その2年後に改訂版が発売されました。

2013年1月から

アメリカ南部の私立大学/日本語学科のテキスト教材に指定され、

日本語を学ぶアメリカ人生徒たちによって

翻訳制作が始まっています。

発売から今年で6年。

さらにシリーズ化が決定し、

主人公の星くんや他のキャラクターも登場します。

日本語と英語で織りなす「星のはじまり」シリーズ。

いくつもの言霊をちりばめながら、

英語圏で広がっています。

 

星のはじまり/ジュンク堂・芦屋店

星のはじまり

ジュンク堂・芦屋店で

販売されている「星のはじまり」。

おかげさまで今年も

少しずつ読者の方々から

ご感想を頂けるようになりました。

また、ブログを通して

本をご購入された読者のみなさん、

どうもありがとうございました。

これからもハートフルな作品を作っていきます。

2013年が皆様にとって

よりよい一年になりますように

 

神上 玲

 

 

「星のはじまり」/心の原点

書店で見つけた「星のはじまり」。

出版して3年が経つ。

色々な思いを込めて一冊の作品へ。

時間が経過するに連れ、

あーすればよかった

こうすればよかった

と思う気持ちもつのる。

成長と同じで

表現方法も昔と今とでは

変わっていくものかもしれない。

けれど、根柢の思いは変わらない。

人と人をつなぎ

自分も他も同じように

幸せや喜びに包まれてほしい。

そうした思いが明白になり、

笑顔がどれだけ大切かわかった時、

人への感謝が広がっていった。

「星のはじまり」は私にとって

人としてのはじまり。

原点に立てるように

今日も一枚ずつめくっていく。

 

「星のはじまり」英語版/学校用テキストに!

 

アメリカ南部の私立大学から

うれしい知らせが届きました。

2012年8月22日開講の日本語学科教材に

“The Beginning Of The Star” (「星のはじまり」英語版)

が採用されることになりました。

さらに他の詩作品も今後使用される予定です。

2009年に発売して3年が経ちました。

紙書籍はジュンク堂(芦屋店/三ノ宮・)・Amazon,

神上玲サイト/kunngei-booksのお問い合わせフォームから。

電子書籍はパブー出版で日本語版と英語版が発売中です。

さらにAmazon USAでは、

さまざまな英語物語を出版しています。

これからも「星のはじまり」と共に作品を創っていきます。

 

 

The Beginning Of The Star(20)

 

「学びって何?」

“What do you mean by learning?”

「いろいろな形を持つ生き物たちの気持ちよ」

“Each shape has his own shape.”

「キミみたいに、目に見えないものを大切にする生き物なんて、

この世界にはいない」

☐君は7色の妖精の気持ちが、ちっともわかりません。

けれど、そばにいたいと思いました。

☐君の心の旅が始まっていきます。

 

The works of Ray Kamijo 

e-book: The beginning Of The Star

 

 

The Beginning Of The Star(19)

 

7色の妖精は心の大切さを語ります。

でも、◇君にはわかりません。

「心なんてあってどうするの?思いやりなんて持っても、

何にも得することなんてないのに」

“What’s the big deal? 

There’s nothing to gain by thinking of others.”

◇君は強気で言いました。

だけど、7色の妖精とどうしてもお友達になりたいと思い始めました。

 

The works of Ray Kamijo

e-book: The beginning Of The Star

 

 

The Beginning Of The Star(18)

<△君の巻>⑤


「あっ虹だ!」
7色の妖精が△君のいる洞口に入ると、

キラキラと辺りを照らし、虹が生まれました。

「きれいだな!」

△君は妖精に夢中でした。

「僕のそばにいたら、いいことがあるよ。ね、ずっと、ここにいてもいいよ!」

「どうして?」妖精はたずねました。

「この世界で暮したいなら、一緒にいばればいいんだ。

そしたら、今よりもっと広いテリトリーが手に入る。ねえ、いい考えだろ?」

「待ってよー!」

△君は、消えていく7色の妖精の気持ちが、とうとう最後までわかりませんでした。

 

The works of Ray Kamijo

e-book: The beginning Of The Star

 

 

The Beginning Of The Star(17)

 

<〇君の巻>⑤


「じゃまなんだ!あっちへ行け!」

 “You are in the way!  Get lost!”
 
(From “The Beginning Of The Star”)

〇△☐◇の4つ型たちのけんかが始まりました。

何気ない一言で、前に進めなくなることがある。

心に残って、胸を痛めて眠れなくなることがある。

話す言葉は言霊。

ふわふわ、ゆらゆら飛び交う言霊。

毎日たくさんの言霊が、休みなく飛んでいる。

楽しい言葉は、明るい言霊。

心が暗くなる言葉は、真っ黒い言霊。

電車の中でも、レストランでも、バスの中でも、

毎日たくさんの言霊に包まれている。

楽しい言葉。悲しい言葉。優しい言葉。苦しい言葉。

言葉の奥に優しい気持ちが潜んでいれば、きっと必ずわかってもらえる。

好きな言葉を一つ心に浮かべて、深呼吸。

「僕たちは友達だね!」

 ”We are friends , aren’t we?”

✰君の優しい言葉がこだまする。

 

The works of Ray Kamijo